ハイエースバン
LH113V/LH119V
LH172V/LH178V

WARP–KAN muffler series

ワープ管マフラーは、大音量でも音割れのない低音域〜中音域サウンドへ導き、深く厚みのあるダイナミックなサウンドを高い次元で融合して開発された砲弾型マフラーです。
また、独自開発した特殊内部構造によりスポーツ走行・街乗り走行・イベント会場での「よい音を気軽に楽しみたい」そんな要求を高次元で満たしています。

WARP–KAN Muffler Series For HIACEVAN LH113V/LH119V 3L LH172V/178V 5L

キレのよい上質な低音質サウンドマフラーは、今までの音質イメージを変える

ワープ管マフラーの高いレイアウトデザイン技術と特殊内部構造の融合により、卓越した優れた装着性と上質な低音質の排気音性能を実現。このサイズの砲弾サイレンサーでは考えられない深く豊かな低音質の秘密は、内部構造に設けられた大口径パンチング。排気流動の空気質量とメインパイプ&センターパイプにアルスター材の採用によるソフトなパイプ内反響排気音を緻密にコントールし、ダイナミックかつ低音質にあふれるサウンドを実現します。また、メーカー想定低車高にもマフラーパイプ部が車体干渉しないよう、細心の注意をはらいながら見た目バランスの良いテールエンドポジジョンを採用してます。また、アルスター材は600度耐熱メタリックシルバー&クリアー塗装を焼付処理し最上級の耐腐食性処理をしています。なお、テールエンド&砲弾サイレンサーは鏡面仕上げを採用し、職人のこだわりによるTIG溶接部でのシャンパンゴールドカラーを微妙な熱調節により仕上げております。

街乗り走行のトルク感を残しながら排気流動効率を最適化!

毎日の通勤などに最適な保安基準音量より多少大きめ音量で街乗りシーンでもダイナミックかつ低音質にあふれるサウンドです。なお、別売りインナーサイレンサーの装着時は2010年4月1日新規制施行後でも法令保安基準部品規定に準拠いたします。また、「 保安基準適合音量より多少大きなサウンドが欲しい 」 そんな要求をセンターパイプタイコ(消音器)付&リアマフラーセットで実現できます。なお、センターパイプのタイコ(消音器)内部では、街乗り走行を考えオリフィス(流体の流量を制御する穴)構造を採用し、排気流動への影響を最小限に抑えながら排気効率向上による大音量になりがちな音量を抑えた消音性能と排気流体制御による低回転域&中回転域でのトルク感の確保を実現しました。また、車両特性の短所でもある多少音割れトラックサウンドのサウンド質感を、これまでの常識を覆す深く豊かな低音質サウンドへ変換しながらエンジン回転数に連動する迫力ある音量を実現します。

高い技能を求めるワープ管は、職人のこだわりと意気込みから作られる

ワープ管マフラーは曲げパイプのR曲げまでこだわり、低車高でもマフラーメインパイプ部が車体干渉しないよう、メインパイプ形状を成形するパイプベンダーは一般的なマフラーにて使用されるR曲げ(100R)より小さなR曲げの70Rを採用し、パイプ曲がり部分の範囲を小さくまとめ車両干渉の防止や直線的な車両排気パイプスペースでの数少ない曲がり部分の意図的排気抵抗を発生させ通常のR曲げパイプより背圧制御してます。メインパイプ・テールエンドなどパイプカット作業の際には、切断バリや熱焼けが発生しないようドイツ製メタルソーでの適切なメタルソー加工技能で綺麗なカット面に仕上げています。SUS304ステンレス材(オーステナイト系ステンレス鋼)を主体に平板から多くの部品を成形する砲弾サイレンサーは、ロールベンダーによる精密な成形・職人の緻密なTIG溶接・特殊大口径パンチング成形・プレス成形部品など高い技能によるこだわりと意気込みが感じられます。

WARP-KAN MUFFLER
SERIES
ワープ管マフラーシリーズ

関連商品

シングル出しマフラー W出しマフラー&その他排気系パーツ 消音サイレンサー&汎用パーツ