免責事項

▬ 保証の否認 ▬
GENJIMIKI(以下「弊社」といいます)は、
本サイトに掲示される情報の正確性・合法性・道徳性・最新性・適切性・合目的性などその内容について、
ご利用者に対して、明示的または黙示的な保証を行いません。
また、弊社は利用者による本サイトに掲載される情報の利用に起因または関連して利用者が被る一切の損害について何等責任を負いません。
弊社は、本サイトのサービス品質について、何ら保証しません。
また、弊社は本サイトに掲示されるテキスト、画像、音声、映像またはプログラムを閲覧または使用することによって、
利用者の機器に損害や不具合が発生した場合または利用者の機器に悪影響を与えるようなウイルスについて一切責任を負いません。
弊社は、本サイトでのサービスの停止は欠陥及びこれらに起因して発生する損失や損害について、一切責任を負いません。
上記に拘わらず、弊社が本サイトにおいて販売する商品自体に関する保証及び商品の販売に関する
お客様と弊社間の売買契約に起因する弊社の損害賠償責任については、
本サイトにおいて弊社が掲示する「利用規約」に定めるところによります。

▬ サービスの一時中止 ▬
弊社は、天災などの緊急事態又は定期的メンテナンス若しくはリニューアル等サービス運営上の都合により、
利用者に対して何等通知を行うことなく、本サイトの運営を一時的に中止することがあります。

▬ サービス内容の変更・終了 ▬
弊社は、利用者に対する通知なくして、本サイトの内容または機能の全部または一部を変更・追加または終了することがあります。

▬ 保安基準とは ▬
国法令にて定める車両部品に関する規制です。
( 「道路運送車両法 第3章」に定義付けられた自動車やそれに装着される装置等に対する規制 )
その各規制項目の中でマフラーに関わる具体的な規制項目
1:消音器その他の騒音防止装置について
2:最低地上高について

  近接排気騒音
・平成10年度(11年度)騒音規制の車:フロントエンジン96dB以下/フロントエンジン以外100dB以下
・平成10年度騒音規制以前の車    :フロントエンジン・フロントエンジン以外も含め:103dB以下
※2010年3月31日までに生産された車両は、国法令の適用規制ではインナーサイレンサーの装着使用を禁止いたしておりませんので、
   2010年4月1日以降もインナーサイレンサーの装着使用による車検は問題ございません。

  最低地上高
最低地上高に対しての具体的な規制は自動車の接地部以外の部分は、安全な走行を確保できるよう9cmを有しなければならない。

※国法令及び各都道府県条例にて定めている車両部品規制に適合いたしている場合は、車検での問題はございません。

▬ 2010年4月1日新規制について ▬
国土交通省より「2010年4月 消音器に関する新規制」が発表されました。

▬ 対象車両 ▬
2010年3月31日までに生産された車両⇒新規制対象外
2010年4月1日以降に生産される車両⇒新規制対象

※同型式の車両であっても2010年4月1日以降に生産された車両は新規制対象となります。
対象車輌につきましては、車検証備考欄にて新規制適用対象車は新規制適用が明記されておりますのでお確かめうえご判断ください。

▬ 2010年4月1日生産される車両の規制について ▬
1:騒音低減機構を安易に除去することができる構造の禁止(インナーサイレンサーが禁止となります。)
2:加速走行騒音防止性能・消音器認証取得の義務付け
従来の近接排気騒音の規制に加え、加速走行騒音の規制値が設定されました。
※加速騒音レベルが「82dB以下」あるいは「ECE規則またはEU指令に適合」することが条件となります。
また、加速騒音レベルが基準に適合していることを証明する認証の取得とその表示を行わなければなりません。

認証取得表示の種類は以下の5種類となります。
・純正品表示
・装置型式指定品表示(自マーク)
・性能等確認済表示
・国連欧州経済委員会規制(ECE規制)適合品表示(Eマーク)
・欧州連合指令(EU指令)適合品表示(eマーク)
以上の5種類のいずれかの表示となります。
新規制の条件を満たした消音器であっても、認証取得とその表示を行わなければ車検に合格しないこととなります。

弊社では2010年4月1日以降に生産される車両に関しましては、新車両のみEマークもしくはeマークにてトライしたいと思います。
もしくは、性能等確認表示となる場合もございますが車検には問題なく合格できるよう安心してご使用できるよう、今後も努めていきます。